MAZDA K360 (KTBA43)
 
今から25年前に友人から譲り受けたK360。
譲り受けた時点で、既にK360は10年は走ってました。
昭和43年と車検証には書かれております。
37〜8年は動き続けてます。

兵庫県内で現役で動いているK360は、この1台だけなのでは・・・?
と、噂されております。

今の時代には珍しい、荷台のついた現役自動3輪!

すごく大事に扱われており、塗装しなおした事で全体的にピカピカで、現役で街中を走っております。このフォルムですから、注目の的!

そしてこの昔の車が元気にまだ走っていることに、感動される方も多いです。

ワイパーは1つで、フロントガラスの両サイド真下にある楕円の2つの丸いフチは、運転席と助手席に風を送るための窓。エアコンなんてありません。

前はタイヤが1本なので、急カーブすると倒れることも・・・。

窓はなんとバス窓!
つまみをキュッっと手でつまんだまま、下におろすタイプ。

この側面にも、フロント側の下の方に楕円の丸いフチが見えます。
実はこれも、足元に風を送るための窓!内側からパカッと開きます。

エンジンやミッション等もいじっておらず、今使用しているものが万が一故障した場合、もう部品は無いそうです。既に生産終了しており、手に入りません。

だからこそ、大事に扱われております。

現物が見たい方は、是非琴にお出で下さい。いつでもこの車に会うことができます!